在宅医療の取り組み

「家から出るのも辛くなってきて病院や薬局に通うのも大変。」という患者様のご相談に対応して、当社では在宅でのサービスを提供しています。
在宅業務を始めて気づいたことは、薬剤師が思っている以上に、患者様は正しく薬を服薬できていないという事実です。
患者様の生活環境、服薬状況、体調、副作用などをきちんと把握し、正しく服薬してもらえるように、薬の切り替えや用法の切り替えなどを医師に提案することが、これからの薬剤師の使命だと思っています。
今後は特に一人で暮らしている方々に対し、お買い物を代行するサービスなど、地域密着でやっていく薬局ならではの取り組みとして、患者様に喜ばれるようなサービスを提供して地域に貢献していきたいです。
 

在宅に取り組む薬剤師のインタビュー

みすず薬局での在宅業務

基本的な仕事内容は、お薬を持っていって患者様が正しく服薬できるように、お薬の整理をしてあげることです。
在宅業務を始めて気づいたことは、薬剤師が思っている以上に、患者様は正しく薬を服薬できていないという事実です。
例えば、お薬の飲み残しがあったり、つぶして飲んでいけない薬をつぶして飲んでいたり、します。これは個人宅であっても、施設にご入居の方でも同じです。
当然、このままでは患者様の体調が良くなりません。しかし、在宅業務をやっていないと気づけなかった事実です。
患者様の生活環境、服薬状況、体調、副作用などをきちんと把握し、正しく服薬してもらえるように、薬の切り替えや用法の切り替えなどを医師に提案することが、これからの薬剤師の使命だと思っています。
患者様はお医者様に診察してもらっている中で、言いづらいこともあるようです。そのことに薬剤師が気づいて、お医者様に正しく報告することが大切なのです。

 

在宅業務のこれから

今は処方箋をもらっている患者様のところにしかいけていませんが、今後はお薬以外の、生活面でも支えていけるようになりたいですね。特に一人で暮らしている方々に訪問したいです。
例えば、みすず薬局では野菜を売っていたりもするので、買い物代行を始めるなど、生活の一部に入っていきたいです。
それを通じて患者様の見守り、薬の服薬状況などを確認していきたいです。
地域密着でやっていく薬局ならではの取り組みとして、患者様に喜ばれるようなサービスを提供して地域に貢献していきたいです。

 

薬学生へのメッセージ

とにかく今のうちに、より多くのことを学んで色々なことを身につけてほしいと思います。
患者様は「薬剤師さんは何でも知っている!」と思ってくださっていますからね。
CMでやっていたOTC薬に関しても質問されますし、キノコを持ってきて食べられるかどうか、質問されたこともありました(笑)
とにかく、病院よりも患者様と接する機会多い職場なので、患者様とのコミュニケーションを深めるためにも、マルチなことに対応できる必要があります。
今は薬剤師としての勉強でもそうですが、とにかく多くのことに触れて、自分の力になるように吸収してください。


美鈴薬局の特徴

ImgTop1_1.jpg ImgTop1_2.jpg ImgTop1_3.jpg ImgTop1_4.jpg